ここから本文です

姫乃たま + 西島大介“ひめとまほう”、3rdシングル「みつばちのささやき」をリリース

CDジャーナル 10/13(木) 18:08配信

 漫画家としてのみならず、音楽家“DJまほうつかい”としても多彩な活動を続ける西島大介と、“僕とジョルジュ”を率いての活動が話題となっている地下アイドル / 文筆家・姫乃たま。両者による“コンテンポラリー・ポップ・ユニット”ひめとまほうが、ニュー・シングル「みつばちのささやき」(DJMR-0021 税込1,080円)をリリース。10月29日(土)よりタワーレコード限定での販売がスタートします。発売に先駆け、YouTube(youtu.be/O_jBl_FmfqI)では予告編を公開中。

 今年5月のデビュー作「ひめとまほう」、7月リリースの2nd「真夏のスケープゴート」に続く3作目のシングルとなる同作は、引き続きセルフ・バーニング&アセンブルのハンドメイドCD-R作品。“みつばち”をテーマに制作された初のラップ・チューンとなっているタイトル・トラックのほか、2ndシングルに吉田隆一(blacksheep)をフィーチャーしたライヴ音源として収録されていた「珈琲と残像」のスタジオ・レコーディング・ヴァージョン、昭和歌謡テイストの「母のない子」およびそのギター・インストゥルメンタルが収められた全4曲入り。

 なお、カヴァー・アートをあしらったトートバッグ“秋トート”が付属するアートワーク違いの初回限定版も同時発売。10月23日(日)に東京ビッグサイトにて開催される〈COMITIA118〉では、先行販売も予定されています。

最終更新:10/13(木) 18:08

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]