ここから本文です

高江、警察が資材車両を先導 機動隊、付近の通行を制限

琉球新報 10/13(木) 13:11配信

 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場での新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する市民らは13日午前8時すぎから、東村高江のN1地区ゲート付近からメインゲート付近にかけて県道70号線で、車道両端への駐車や、徐行運転による「牛歩作戦」などで抗議した。

 機動隊が付近の通行を制限した。沖縄防衛局は午前10時ごろから、ダンプカーで資材をN1地区へ搬入させた。警察車両が資材車両を先導した。反対する市民ら十数人は路上に出て「建設反対」などと声を上げた。

 一方、雨天のため建設に反対する人たちは、米軍提供施設内建設現場付近での抗議を中止した。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:10/13(木) 13:11

琉球新報

なぜ今? 首相主導の働き方改革