ここから本文です

【日本オープン】アマの手本になった松山&スコットのプロ技

東スポWeb 10/13(木) 11:26配信

 12日、男子ゴルフの国内メジャー「日本オープン」(13日~、埼玉・狭山GC)の練習ラウンドが行われた。

 アダム・スコット(36=オーストラリア)と松山英樹(24=LEXUS)はアマチュアの比嘉一貴(21=東北福祉大3年)、中島啓太(16=代々木高1年)を従えて、9ホールの練習ラウンドを行った。

 予選を勝ち上がってきた中島は「緊張してあまり楽しめなかったですね」。想像していた以上の飛距離の差に「マネジメントは参考にならなかった」としつつも「松山さんは深いラフから見たこともないアプローチをしていた。参考にしたい」と振り返った。

 一方、松山の大学の後輩に当たる比嘉は「2人ともハーフトップかなと思うぐらいアイアンを薄く当てていた。いろんな芝に対応するための打ち方なんだと思う」。スコット、松山が見せた世界トップレベルの技術は若い選手の刺激になったようだ。

最終更新:10/13(木) 11:34

東スポWeb