ここから本文です

ユーロビート東京記念2年ぶり美酒 JBCクラシックでJRA勢と対決へ

デイリースポーツ 10/13(木) 6:04配信

 「東京記念・S2」(12日、大井)

 1番人気のユーロビートが3番手の位置から直線でスパート。きっちり抜け出して後続に2馬身半差をつけて快勝。一昨年以来の2度目の東京記念制覇を達成した。逃げに転じた5番人気のストゥディウムが2着に粘り込み、2番人気のケイアイレオーネは追い込んだものの3着だった。

 レースは後方に控えると思われたストゥディウムがハナを奪って大逃げを打つ意外な展開。「オッと思ったけど、ユーロビートのリズムを守って走るだけ」と、吉原寛は冷静に3番手のポジションをキープした。抜群の手応えで直線に入ると、満を持して外に持ち出しゴーサイン。力強い末脚で逃げ馬をとらえて先頭でフィニッシュした。

 「きょうは最大のチャンスだと思っていたので、きっちり決めることができてうれしい。いつも崩れず走ってくれる馬で、頭が下がります」と吉原寛はパートナーの頑張りを称えた。次走はJBCクラシック(11月3日・川崎)へ向かう。JRA勢の強豪が相手になるが、渡辺和師は「ひとつでも上の着順を目指して頑張りたい」と言葉に力を込めた。

最終更新:10/13(木) 7:07

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ