ここから本文です

インドネシアに自動車用防振ゴム新工場を開所

MONOist 10/13(木) 7:55配信

 ブリヂストンは9月23日、同社のインドネシア子会社ピーティー ブリヂストン アストラ インドネシア(BSAI)が、新工場の開所式を実施したと発表した。

 BSAIは、ブリヂストンとインドネシアで自動車部品を製造・販売するピーティー アストラ オートパーツ ティービーケーとの合弁企業で、合計投資金額は約1740億ルピア(約14億円)の予定。2016年末までに従業員を90人にする計画だ。新工場で生産するのは自動車用防振ゴムで、当面はインドネシアの自動車メーカーに供給するが、将来的にはASEAN地域への輸出も視野に入れているという。

 自動車用防振ゴムは、自動車のエンジンやサスペンション周囲に装着することで音や振動を抑え、快適な乗り心地に寄与する部品だ。ブリヂストングループは、ASEAN地域を代表する自動車生産国であるインドネシアに生産拠点を保有することの重要性を考え、2015年8月に6カ国目の生産拠点としてBSAIを設立していた。

最終更新:10/13(木) 7:55

MONOist