ここから本文です

ホームに電車を「設置」、京急電鉄の横浜駅 10月14日から

レスポンス 10/13(木) 10:45配信

京浜急行電鉄(京急)グループの京急ステーションコマースは「鉄道の日」の10月14日、京急線横浜駅(横浜市西区)のホーム上に、京急の電車を模した自動販売機コーナーを設置する。

京急グループの発表によると、横浜駅の上りホーム品川方に設置。新1000形電車1800番台を模した自販機を中心に、黄色い塗装の「YELLOW HAPPY TRAIN」と、青い塗装の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」を併設する。

「YELLOW HAPPY TRAIN」を模した自販機はデジタルサイネージ自販機。前面の大型ディスプレイに京急電車の動画を流す。カメラ機能を搭載しており、飲料水の購入者が「自撮り」することも可能。京急オリジナルのデザインフレーム付き写真として、「LINE(ライン)」アプリで受け取ることができる。

電車デザインの自販機は10月14日の初発から稼働する予定。当初はオープニングキャンペーンとして、京急オリジナルラベルの樹脂缶1200個(3種類各400個)にオリジナル缶バッジと缶コーヒーを封入し、定価の130円で限定販売する。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:10/13(木) 10:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。