ここから本文です

WCOTY デザイン大賞、ノミネート24台…ロードスター に続くW受賞は?!

レスポンス 10/13(木) 11:45配信

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月末、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「ワールドカーデザインオブザイヤー2017」の第1次ノミネート車24台を発表した。

画像:WCOTY デザイン大賞にノミネートされた日本車

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

世界20か国以上、70名を超えるジャーナリストに数名のデザインの権威が加わり、審査を行う。2017年4月のニューヨークモーターショー17で、イヤーカーが決定する。

ワールドカーデザインオブザイヤー2017の第1次ノミネート車24台は以下の通り。

アウディA5/S5クーペ
アウディQ2
アウディQ5
ビュイック・ラクロス
ビュイック・エンビジョン
シボレー・クルーズ
クライスラー・パシフィカ
フィアット/アバルト124スパイダー
ホンダ・シビック
ヒュンダイ・エラントラ
ヒュンダイ・ジェネシスG80
インフィニティQ60(次期日産スカイラインクーペ)
ジャガー F-PACE
キア・カデンツァ
キア・リオ
キア・スポーテージ
マツダCX-9
セアト・アテカ
シュコダ・コディアック
サンヨン・チボリエア/XLV
スバル・インプレッサ
トヨタC-HR
フォルクスワーゲン・ティグアン
メルセデスベンツSクラスカブリオレ

ワールドカーオブザイヤー2017の第1次ノミネート車23台は、自動的にワールドカーデザインオブザイヤー2017にエントリー。この23台に1台だけ、新型メルセデスベンツ『Sクラスカブリオレ』が追加された。

なお前回は、新型マツダ『ロードスター』が、ワールドカーデザインオブザイヤーに輝いた。ワールドカーオブザイヤーとのW受賞を果たしている。2017年は、新型メルセデスベンツSクラスカブリオレ以外の23台に、W受賞の可能性があるが、果たして、栄冠を手にするのはどのモデルか。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/13(木) 11:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。