ここから本文です

仲里選手、栄誉賞に笑顔 リオパラ活躍で浦添市が授与

琉球新報 10/13(木) 17:06配信

 【浦添】浦添市は13日、リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビーで、日本初のメダル獲得に貢献した仲里進選手(39)=同市=に市民栄誉賞を授与した。

 市役所ロビーで開かれた祝賀式で、仲里選手は銅メダルを胸に「浦添市で育ち、ここをベースに練習してきた。皆さんのおかげ。東京に向け、よりいい色のメダルを取れるよう頑張りたい」などと感謝の言葉を述べ、笑顔を見せた。

 浦添市民栄誉賞は2011年に設けられ、授与はこれが第1号となる。

 スポーツや文化などで活躍した人に贈るもので、対象を①オリンピックなど世界規模の大会などで優勝またはそれに準ずる成績を収めた者②市民の誇りになるような特に優れた成績を収めたと認められる者―と定めている。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:10/13(木) 17:06

琉球新報