ここから本文です

畑中Jr11・27プロデビュー 元WBC世界王者の父と同じ日に

デイリースポーツ 10/13(木) 6:04配信

 元WBC世界スーパーバンタム級王者で畑中ジムの畑中清詞会長(49)の長男建人(岐阜・中京高3年)が12日、岐阜県瑞浪市の同高で会見してプロ転向を表明した。愛知県刈谷市のあいおいホールで予定されるデビュー戦(スーパーフライ級・4回戦)は、32年前の父親と同じ11月27日。9月から畑中ジムで本格的な練習を始めており、国内史上初の親子世界王者へ二人三脚で第一歩を踏み出す。

【写真】赤井Jr.英五郎は五輪出場を狙う

 拳の道を極めた父の真剣な姿勢を知った中学時代から、畑中建人のプロへのあこがれは揺るぐことはなかった。

 世界のトップに立った現役時代は知らない。幼少期の印象は「酒を飲んどるだけ」。それが一変するきっかけは、過酷なトレーニングに励む姿をとらえた映像。「あの父親がここまで頑張れるスポーツ。格好いいと思った」と目標の存在になった。リングに入った14歳の冬から、自宅でも呼び方は「会長」で通す。

 父親は1ラウンド(R)KOだったデビュー戦。建人は「最初は様子見。2Rで倒します」と不敵に宣言。横で聞いた畑中会長は「不安のほうが大きい」と苦笑いしつつも「芯がしっかりしている。何年後か分からないが、なれると思う」と世界の頂点へ期待も示す。

 「左が似とるかな」と、ボクシングを通じて絆を深めてきた親子。まずは「11・27」を、2人の新たな記念日にする覚悟だ。

最終更新:10/13(木) 6:46

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています