ここから本文です

一般用3Dスキャナを業務用と同等性能に高めるソフトウェアを発表

MONOist 10/13(木) 12:55配信

 ポンタ研究所は2016年9月9日、一般用の3Dスキャナと組み合わせて利用することで、業務用3Dスキャナと同等の機能・性能を実現するソフトウェア「RabbitScanner」を発表した。テクノスターと共同開発したもので、同年中に発売を予定している。

 現在同社では、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて、一般用3Dスキャナを業務用3Dスキャナと同等の性能に高めるソフトウェア「ポンタスキャナプログラム」を提供している。

 同ソフトは、インテル製のRealSenseカメラ「F200」もしくは「SR300」を内蔵した3Dスキャナと一緒に使うことで、業務用3Dスキャナに匹敵する高精細な3Dデータを取得できる。

 今回同社では、ポンタスキャナプログラムと同等の機能・性能を持つソフトとして、RabbitScannerを一般に向けて発売する。また、発売に先立ち、名古屋大学で開催される日本機械学会「第29回計算力学講演会」で、期間中の2016年9月22日に製品のデモンストレーションを行う予定だ。

最終更新:10/13(木) 12:55

MONOist