ここから本文です

テンプレ化した毎日を変えるのは恋?吉永ゆうの新連載、ベツコミで開幕

コミックナタリー 10/13(木) 11:34配信

吉永ゆうの新連載「恋にならないワケがない」が、本日10月13日発売のベツコミ11月号(小学館)にて開幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「恋にならないワケがない」はテンプレ化した毎日を送る主人公の寧々が、とあるトラブルから救ってくれた年上の男性に惹かれるシーンから始まる。ありきたりな日常に変化を求める寧々は、自身の高校の卒業生だという彼の大学を突き止め、そこで再会を果たすが……。

そのほか今号には小冊子「17才、はじめての×××」が付属。本誌にて連載中の、ヒナチなお「藤原くんはだいたい正しい」の番外編も掲載されている。また田村ことゆ「となりから流れ星」は最終回を迎えた。

最終更新:10/13(木) 11:34

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]