ここから本文です

「ゴシップ・ガール」クリエイターが伝説のソープオペラ「ダイナスティ」をリブート

映画.com 10/13(木) 21:30配信

 [映画.com ニュース] 1981年から89年まで放送された伝説のソープオペラ「ダイナスティ」が、米CWネットワークでリブートされるようだ。米Deadlineによれば、「ゴシップ・ガール」の脚本家コンビ、ステファニー・サベージとジョシュ・シュワルツが手がける。

 テレビ界の巨匠アーロン・スペリングの代表作である「ダイナスティ」は、78年から放送された「ダラス」の成功を受けて制作された作品で、石油王キャリントン一家をめぐるドロドロの愛憎劇を描き、社会現象となるほどの高視聴率を記録した。

 リブート版は舞台を現代に置き換え、2つの大富豪家族が莫大な富と子孫をめぐって火花を散らすようだ。石油王ブレイク・キャリントンの娘ファロンと、ブレイクの後妻でファロンの義理の母になるヒスパニック系の女性クリスタルという、2人の女性の視点で描かれるという。

 サベージとシュワルツは、オリジナル版「ダイナスティ」のクリエイターであるリチャード&エスター・シャピロ夫妻、ドラマ「リベンジ」の脚本家サリー・パトリックと組み、制作を進める。キャストはまだ発表されていない。

最終更新:10/13(木) 21:30

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革