ここから本文です

<比嘉愛未>WOWOWドラマで初主演 新人の“スピーチライター”に

まんたんウェブ 10/14(金) 5:00配信

 女優の比嘉愛未さんが、2017年1月からWOWOWでスタートする「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」で主演を務めることが14日、明らかになった。比嘉さんがWOWOWのドラマに出演するのは初めてで、スピーチライターの世界に飛び込んでいく二ノ宮こと葉役を演じる。比嘉さんは「WOWOWの作品に出演させていただくのは初めてで、憧れていましたし、いきなり主演と聞いたときは正直驚きました。それも、いつかご一緒したいと思っていた佐々部清監督!! 念願かないうれしい気持ちでいっぱいでした」と喜びのコメントを寄せている。

【写真特集】ハセキョーが“師匠”として仁王立ち!? ドラマの注目シーン 

 ドラマは、「楽園のカンヴァス」で第25回山本周五郎賞を受賞した原田マハさんの30万部を超えるベストセラー小説。老舗製菓会社の総務部で働くこと葉は、思いを寄せていた幼なじみの今川厚志の披露宴で伝説のスピーチライター・久遠久美の“言葉”に出合う。会社でコピーライター・和田日間足(わだ・かまたり)のトーク力に完敗したこと葉は、久美に弟子入りして言葉の修業をはじめ、やがて衆院選挙への出馬が決定した厚志からスピーチライターに指名され……というストーリー。久美を長谷川京子さん、厚志を渡辺大さん、和田日間足を速水もこみちさんが演じるほか、石橋蓮司さん、八千草薫さん、船越英一郎さんらも出演する。映画「半落ち」(2004年)の佐々部監督がメガホンをとる。

 比嘉さんは「二ノ宮こと葉は、一言で言えば真っすぐで不器用な人。まさしく分身!! というくらい自分に重なる部分がたくさんあり、演じていて心地よかったです」とこと葉との共通点を明かし、「スピーチライターという職業は実は今回初めて知ったのですが、とても奥深く難しい。でもこと葉が教わったように、相手の心に寄り添う気持ちで演じることが一番だと思い撮影に挑みました」と感想を語っている。

 

 伝説のスピーチライターの久美役を演じる長谷川さんは「スピーチライターという職業を恥ずかしながら今回初めて知りました。知れば知るほど興味深く、ただ言葉をつづるのではなく、クライアントの魂の声を形にする。語彙(ごい)をたくさん持つのはもちろん、相手の心に耳を傾けなくてはいけない。本当に興味深い仕事だと思います」と役についてコメントしている。

 ドラマは17年1月14日から毎週土曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話で第1話は無料放送。

最終更新:10/14(金) 5:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]