ここから本文です

B・カンバーバッチ、『ドクター・ストレンジ』香港記者会見「ワイヤーなしで飛びたい」!?

cinemacafe.net 10/13(木) 20:30配信

ベネディクト・カンバーバッチを主演に、『アベンジャーズ』シリーズ、『アイアンマン』シリーズなど、超メガヒット作品を次々に生み出してきたマーベル・スタジオが贈る最新作『ドクター・ストレンジ』。本作の世界公開を目前に控え、香港にてカンバーバッチや共演のティルダ・スウィントンらが参加した記者会見が行われた。

【画像】『ドクター・ストレンジ』香港記者会見 

新たなマーベルのヒーローとなるのは、傲慢で天才的な外科医でありながら、不慮の事故で両手の機能を損なわれ、全てを失ったスティーヴン・ストレンジ。絶望の淵にあった彼は、魔術に救いを求め、壮絶な修行と強大な敵との死闘を経て最強の魔術師“ドクター・ストレンジへ”と生まれ変わっていく。地位も金も、人の命を救う手さえも失ったストレンジに唯一残されたのは、人の命を救うことへの誇りだけ。自分の手を治すために魔術の修行に励む中で、闇の魔術との戦いに巻き込まれていくが、医師である彼は、敵でさえも傷つけたくないと苦悩する。史上最もミステリアスなヒーローの孤独な戦いを、我々の想像を遥かに超えた圧倒的な映像革命によって描き出す。

10月12日、本作の重要なシーンの舞台となった香港にて記者会見が行われた。登壇したのは、本作の主人公ドクター・ストレンジ役を務めたカンバーバッチ。そのカンバーバッチの師匠で、全てを失い絶望の淵にあったストレンジに神秘の力を見せ、彼がドクター・ストレンジへと変わってゆくきっかけを与えたエンシェント・ワン役のスウィントン。そして、本作のメガホンを握った監督のスコット・デリクソン、マーベル・スタジオの最高責任者にして、全てのマーベル作品のカギを握るプロデューサーのケビン・ファイギという面々。

会見場となったザ・リッツカールトン香港のダイアモンド・ボール・ルームには、本作の情報をいち早く入手しようと世界中からマスコミが集まり、その数はTVカメラ50台、スチール30台、記者200人。会場は多くの人であふれかえり、主演のカンバーバッチを始めスタッフ・キャストが登場すると、割れんばかりの拍手とフラッシュで迎えられた。

カンバーバッチは、本作について、「ドクター・ストレンジのオリジン・ストーリーであり、ファンタジーの旅。ユーモアもある。キャスト、スタッフ、スタジオが一丸となって作り上げたスペタクルで心に響くワクワクする映画になりました」とコメント。「傲慢で自信にあふれていた男が、事故で全てを失い、絶望の淵から徐々にスーパーヒーローへと再生してゆくという、大変難しい役だったけど、いままでで一番楽しい役になりました。是非、観客の皆さんにこの物語をストレンジと一緒に体験して欲しいです!」とストレンジを演じた体験を興奮気味に告白した。

さらに、「ワイヤーで吊るされたり、全力で走ったりと、これだけのアクションは初めてでした。肉体的にはかなり大変でした」と、アクションシーンではかなりの部分を自ら挑戦したことも明かしながら、よほどこのアクションが堪えたのか、記者からの「もし魔術が使えたら何をしたい?」との質問には、「ワイヤーなしで飛べるようになること」とドクター・ストレンジらしいウィットなユーモアで答える一面も。

また、スウィントンは「マーベル作品というのは特別な体験を意味しています。まったく違う世界に観客を連れて行ってくれるのです」とコメント。「一番楽しかったは戦いのシーン。毎日がパーティのように楽しかった」と撮影を楽しげにふり返った。

そして、プロデューサーのファイギは、「ドクター・ストレンジ」の映画化を「実は何年も前から狙っていた」と、この映画の重要性をアピール。ストレンジ役にはどうしてもカンバーバッチを迎えたかったと明かし、「ベネディクトをキャスティングしたのは彼が最もふさわしい俳優だから。実はどうしても彼に演じて欲しいので、撮影期間や公開日まで彼のスケジュールに合わせて変えたくらいです。彼はまさにドクター・ストレンジそのものだと思います」と語った。

会見のラスト、記者から「この映画はマーベル史上最高?」と質問されたカンバーバッチは「もちろん100%!」と笑顔で応じ、大きな拍手に見送られながら会場を後にした。

本作からマーベル・シネマティック・ユニバースに参戦することとなったドクター・ストレンジ。今後のマーベル作品との関わりにも期待が高まる。

『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日(金)より全国にて公開。

最終更新:10/13(木) 20:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]