ここから本文です

中日 来季の武器は帰ってきた“猫パワー”

東スポWeb 10/13(木) 16:33配信

 今季まで西武でコーチを務めた奈良原浩氏(48)が、中日の内野守備走塁コーチに就任することになった。2007年から11年まで中日で内野守備走塁コーチなどを担当しており、6季ぶりの復帰。12日、ナゴヤ球場で会見し「何とかチームの上昇に貢献したい。隙のない野球を浸透させる」ときっぱり。森監督は「(一軍の)サードコーチャーも頼まなくてはいけないだろうし、ビシビシとやってもらおうと思う」と期待を寄せた。

 そんな奈良原氏についてチーム内では「(リオ五輪の男子マラソンにカンボジア代表で出場したタレントの)猫ひろしに似ている」との声が…。猫といえばギャグ100連発の持ちネタがあるが、それに絡めてチーム関係者は「名前も同じ“ひろし”。ノック100連発とかダッシュ100連発の過酷なメニューで選手をバンバンと鍛えてくれるんじゃないか」というほどだ。

 これについて奈良原氏は「(猫と同じように体が)小さいからじゃないですか。キャラ的にはそっちですよね。男前ではないと自分では思ってますんで」と苦笑するが、熱血指導には定評があるし、11年に退団した際は送別会で選手が号泣するなど信望もある。帰ってきた“猫パワー”は中日の大きな武器になりそうだ。

最終更新:10/13(木) 18:29

東スポWeb