ここから本文です

笠井アナ、川谷の自粛宣言後ライブは「矛盾」

デイリースポーツ 10/13(木) 10:17配信

 キャスターの小倉智昭氏(69)が13日、フジテレビ系「とくダネ!」で、12日にライブを行った川谷絵音について、改めてその音楽の才能を絶賛した。その一方で、同局の笠井信輔アナウンサー(53)は、活動自粛宣言後のライブ活動に違和感を訴えた。

【写真】川谷 自粛発表後の初ライブ「いい意味でフラッシュを浴びたい」

 番組では、川谷が所属するバンド「indigo la End」のライブの様子を特集。活動休止を表明してから初ライブとあって、注目が集まったが、小倉キャスターはVTRを見終わったあと「バックに流れている音楽、どれも本当にいい曲ばかり。彼は曲作りのセンスもいいし、歌もとってもいいと思う」と、川谷の音楽的才能については絶賛した。

 これを受け「夏前にライブを見た」というコメンテーターの古市憲寿氏も「圧倒的で、ちょっとしたスキャンダルぐらいでこの人の才能は揺らがないなと思った」と川谷を高く評価した。

 だが笠井アナは一人険しい表情。「活動自粛を宣言した後、ライブに立つというのが矛盾が生じていて、自粛するなら演奏しなければいいし、演奏したいなら自粛を宣言しなければいいと思う。自粛宣言してからチケットを売るって、やっぱりうーんと思ってしまう」と最後まで納得いかない表情を浮かべていた。

最終更新:10/13(木) 10:21

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]