ここから本文です

速水螺旋人、大阪で初のトークイベント!2次元3次元問わずフェチを語る

コミックナタリー 10/13(木) 12:56配信

速水螺旋人による初のトークイベント「螺旋人フェティシズム もしくは螺旋人人民裁判」が、11月19日に大阪・ロフトプラスワンウエストにて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは速水の画集「螺旋人モダニズム ポケット画集」の刊行を記念して行われるもの。イベントには速水のほか、作家や翻訳家として活動する海法紀光、ゲーム作家の河嶋陶一朗、作家の宮澤伊織が出演し、速水作品の来し方行く末を語る。またイベントタイトルの通り、速水作品におけるさまざまなフェチズムについても2次元3次元を問わずトーク。前売り券は10月22日よりイープラスと店頭にて発売されるほか、電話予約も受け付ける。

螺旋人フェティシズム もしくは螺旋人人民裁判
日時:2016年11月19日(土)12:00開場、13:00開演
会場:ロフトプラスワンウエスト
料金:前売り2300円、当日2800円(共に飲食代別、要1オーダー500円以上)
出演:速水螺旋人、海法紀光、河嶋陶一朗、宮澤伊織

最終更新:10/13(木) 12:56

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]