ここから本文です

【WWE】オートン呆然 相棒・ケインが消えた…

東スポWeb 10/13(木) 16:41配信

【カリフォルニア州サンノゼ11日(日本時間12日)発】WWEのスマックダウン大会で“毒蛇”ランディ・オートン(36)が“赤い怪物”ケインと合体を果たしたが、まさかの結末となった。

 オートンは2日前のPPV大会「ノー・マーシー」でブレイ・ワイアット(29)と対戦するも、突然復活したルーク・ハーパー(36)に気をとられフォール負け。この日はかつてワイアット一家との遺恨戦を制したケインに直談判して共闘を要請。急きょオートン、ケイン組対ワイアット、ハーパー組戦が行われた。

 苦闘を強いられてケインにタッチを求めるオートン。その直後に場内が暗転する。照明が戻ると自軍のコーナーに立っていたのはハーパーだった。ケインの姿はなく、毒蛇はぼうぜんとするのみ。直後にワイアットがシスター・アビゲイルを決めてオートンから3カウントを奪った。完全にワイアット一家のペースとなった格好だが、今後ケインはどう動くのか。さらなる“カオス”が待ち受けていそうだ。

 また11月20日のPPV大会「サバイバー・シリーズ」(カナダ・トロント)ではスマックダウン対ロウの全面対抗イリミネーション戦が行われることも発表された。

最終更新:10/13(木) 18:41

東スポWeb