ここから本文です

リオ五輪レスリング銀メダル・樋口に大量のマカロン届く

東スポWeb 10/13(木) 16:41配信

 リオ五輪レスリング男子フリー57キロ級銀メダルの樋口黎(20=日体大)が本物の“マカロン王子”になった。

 リオでは五輪初出場ながら強豪を次々に破り銀メダルを獲得。知名度が高くなったことでたくさんの贈り物が届くようになった。なかでも多かったのが洋菓子の「マカロン」。五輪前はコンディション調整のため厳しく節制したが、甘いものには目がなくマカロンが大好物だと公言していた。

「たくさんいただいて、ものすごい数を食べました。もう数え切れないぐらいです。いろいろな種類のマカロンを食べました」(樋口)。“マカロン王子”の愛称通りに、洋菓子に囲まれる生活を送っている。

 12日には東京都庁で東京都栄誉賞&都民スポーツ大賞の表彰式に参加し、小池百合子東京都知事(64)から表彰を受けた。五輪後はメダリストパレードや祝賀会など、忙しい日々を送ってきたが、11月には全日本大学選手権(愛媛)に出場予定で「階級は上げると思いますが、そろそろ甘いものも控えようかなと思っています」と実戦モードに突入する。年末の全日本選手権(東京・代々木)に向けても“マカロン王子生活”は一時休憩だ。

最終更新:10/13(木) 18:35

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革