ここから本文です

スバル新型「インプレッサ」発表 予約すでに6000台

ITmedia ビジネスオンライン 10/13(木) 16:08配信

 富士重工業は10月13日、主力車の新型「インプレッサ」を25日に発売すると発表した。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初採用し、走行性能と安全性能を高めた。価格は192万2400円(税込)から。

【4ドアセダン「インプレッサ G4」も】

 5年ぶりのフルモデルチェンジとなる5代目は、5ドアハッチバックの「SPORT」と4ドアセダン「G4」の2モデル。新開発の2.0リットル直噴自然吸気(NA)エンジンと1.6リットルNAエンジンを採用。国産初の歩行者保護エアバッグ標準装備のほか、安全機能「EyeSight」の最新版(ver.3)も全車標準装備とした。

 月販計画は2500台。同社によると、9月1日から10月11日までの先行予約台数は5883台に上り、他社からの乗り換えが約半数という。

最終更新:10/13(木) 16:08

ITmedia ビジネスオンライン