ここから本文です

Silent Siren、海外ツアーでインドネシア語やGreen Dayカバー披露

音楽ナタリー 10/13(木) 17:02配信

Silent Sirenの海外ツアー「Silent Siren S WORLD TOUR 2016」が、10月10日に香港・Music Zone @ E-MAXにてファイナルを迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このツアーは9月9日のインドネシア・Upper Room Jakartaでのライブを皮切りに、中国・浅水湾文化芸術中心、アメリカ・ロサンゼルスのMusicians Institute Concert Hall、サンフランシスコのSlim's、台湾のTHE WALL TAIPEI、そして香港のMusic Zone @ E-MAXで行われた。初日はSilent Sirenにとって4度目のインドネシア公演で、現地在住歴もあるひなんちゅ(Dr)を始め、メンバー全員がインドネシア語でMCをしたほか、ZONE「secret base ~君がくれたもの~」のカバーで観客の大合唱を沸き起こすなど、一体感のあるステージを展開した。

9月24日の中国公演はバンド初の上海でのライブとなり、4人はチャイナドレス姿で「ラッキーガール」を中国語で披露。また9月30日にロサンゼルス、10月2日にサンフランシスコでのワンマンライブでは、Green Day「Minority」のカバーを演奏するなどしてアメリカのファンの心をつかんだ。10月8日の台湾はメンバーがデビュー後に何度も訪れている場所ということもあり、会場いっぱいに集まったファンは興奮した様子で4人のパフォーマンスを楽しんだ。

そしてツアーファイナルの舞台となった香港・Music Zone @ E-MAXでは、4人が「ユメオイ」の広東語バージョンを披露。ラストナンバー「ぐるぐるワンダーランド」までテンションを保ったまま駆け抜けた。アンコールではファンが「ワールドツアーお疲れ!」と書かれたカードを掲げ、ステージに再び登場した4人を驚かせる。その後バンドは音源化されていないミディアムチューン「シンドバッド」、かわいらしくアップテンポなナンバー「チェリボム」を届けて、ワールドツアーを華々しく締めくくった。終演後、Silent Sirenはワールドツアーを振り返りつつ、すぅ(Vo, G)が「次はソールドアウトの公演をもっと増やしたい!」、あいにゃん(B)が「また会いに来るという約束を必ず果たします」、ゆかるん(Key)が「サイサイファミリーを世界中に増やすことが目標です」、ひなんちゅが「世界に通用するガールズバンドになりたい!」とそれぞれコメントを残した。

なお彼女たちは12月に東名阪ツアー「Silent Siren 2016年末スペシャルライブ Dream on!」を開催。本日10月13日(木)21:00からはLINE LIVEにてSilent Sirenの新番組「Load to Dream on!」が生配信される。

Silent Siren 2016年末スペシャルライブ Dream on!
2016年12月22日(木)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
2016年12月24日(土)大阪府 大阪国際会議場 グランキューブ大阪 メインホール
2016年12月30日(金)東京都 東京体育館

LINE LIVE「Load to Dream on!」
配信日時:2016年10月13日(木)21:00~(予定)
番組URL:https://live.line.me/r/channels/35976/upcoming/67018

最終更新:10/13(木) 17:02

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]