ここから本文です

<W杯アジア予選>キム・シンウク「イラン戦完敗…すべて忘れてウズベキスタン戦勝利する」

WoW!Korea 10/13(木) 17:10配信

ウリ・シュティーリケ監督が率いるサッカー韓国代表チームが13日午後、韓国へ帰国した。海外組はすぐに所属チームへ戻り、Kリーガー8人とコーチングスタッフが帰国した。

キム・シンウクの紹介と写真

 韓国は去る12日明け方、イランのアザディ・スタジアムにて行われた2018ロシアW杯アジア地域最終予選A組第4戦でイランに1-0と敗れた。イラン(3勝1分、勝点10)とウズベキスタン(3勝1分、勝点9)に押された韓国(2勝1敗1分、勝点7)は組3位に後退し、9回連続での本選行きを断言できない状態だ。

 カタール、イラン戦で活躍していたキム・シンウク(全北)は帰国インタビューで「全員がイラン戦の完敗を認めている。試合後、監督と選手同士、たくさん話した。すべて忘れてウズベキスタン戦の勝利を誓った」と述べた。

 シュティーリケ監督の発言の波紋については「(監督の)インタビューを聞いて選手が困惑したのは事実だ」としながらも「すぐに監督とミーティングを通じて、すべての誤解を解いた」と説明した。

 韓国は来月、ホームで開かれるウズベキスタンとの最終予選・第5戦で必ず勝たなければならないプレッシャーを抱えている。イラン戦の完敗に監督の無責任な発言で雰囲気も落ち着かない。

 キム・シンウクは「これまで良い試合があり、勝利も多かった。チームが当然揺れるときもある」とし「一丸となってウズベキスタン戦を勝利へ導けば(すべての論争を)落ち着かせることができる。全選手が勝利だけを見つめている」と伝えた。

最終更新:10/13(木) 17:10

WoW!Korea

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。