ここから本文です

「ギャラクシーノート7」190万台全量交換・払い戻しを決定=米国消費者製品安全委員会

WoW!Korea 10/13(木) 17:48配信

米国消費者製品安全委員会(CPSC)がサムスン電子「ギャラクシーノート7」への2次リコールを公式化した。

 13日、CPSCは計190万台の「ギャラクシーノート7」に対するリコールを実施すると明らかにした。これは去る9月に実施された1次リコールの物量が加わった数値だ。

 CPSCによると米国で「ギャラクシーノート7」関連の過熱事件96件が報告された。このうち、やけど13件、財産被害47件だった。96件のうち、先月の1次リコール後、追加で受け付けたのが23件だ。

 CPSCは「使用者らはギャラクシーノート7の使用を直ちに中止して電源を切ってほしい」とし「リコール後、新たに受け取った製品も含む」と勧告した。

 この日サムスン電子も米国で「ギャラクシーノート7」交換製品を含む190万台全量をリコールすると明らかにした。

 サムスン電子は「CPSCの承認を受け、既存の自発的なリコールプログラムを交換製品まで拡大するもの」とし、サムスン電子米国法人を通じて説明した。「ギャラクシーノート7」を購入した消費者らはサムスン電子の他のスマートフォンへ交換・払い戻しを受けることができる。

最終更新:10/13(木) 17:48

WoW!Korea