ここから本文です

“キング・オブ・ポップ”は亡くなってもキング! マイケル・ジャクソンは死んでも年収約850億円

ねとらぼ 10/13(木) 18:36配信

 毎年の長者番付の記事が話題となる米Forbes誌が発表した「故人セレブ年収ランキング2016」で、2009年に亡くなったマイケル・ジャクソンが首位に立ちました。その額何と約850億円(税引き前)。自分、涙いいすか?

【9位には1955年没のあの科学者】

 マイケルの遺産管理団体が音楽出版社「ソニー/ATVミュージック・パブリッシング」の株式の半分を7億5000万ドルで売却したためで、これを含めた年収は税引き前で8億2500万ドル(約850億円)と、2位のチャールズ・シュルツの4800万ドルを大きく上回るものに。なお、この数字は、今年の故人セレブ年収ランキングの首位というだけでなく、存命、故人を問わず史上最高額。“キング・オブ・ポップ”は故人になってもキングでした。

 今回のランキングには2016年に亡くなったプリンスやデヴィッド・ボウイがランクインしているほか、意外なところでは、相対性理論で有名な科学者のアルベルト・アインシュタインなどの名も。アインシュタインの“死後年収”の内訳も気になるところですが、それよりも、アインシュタインがセレブ枠であることに驚きを隠せません。そうかセレブなのか。

 今回、米Forbes誌が発表した「故人セレブ年収ランキング2016」は以下の通り。亡くなってかなりの年月がたつのにランクインしている人がいるのにもびっくりですね。

・1位:マイケル・ジャクソン(8億2500万ドル・約850億円) 2009年、50歳で死去
・2位:チャールズ・シュルツ(4800万ドル・約49億4400万円) 2000年、77歳で死去
・3位:アーノルド・パーマー(4000万ドル・約41億2000万円) 2016年、87歳で死去
・4位:エルヴィス・プレスリー(2700万ドル・約27億8100万円) 1977年、42歳で死去
・5位:プリンス(2500万ドル・約25億7500万円) 2016年、57歳で死去
・6位:ボブ・マーリー(2100万ドル・約21億6300万円) 1981年、36歳で死去
・7位:セオドア・ガイゼル(2000万ドル・約20億6000万円) 1991年、87歳で死去
・8位:ジョン・レノン(1200万ドル・約12億3600万円) 1980年、40歳で死去
・9位:アルベルト・アインシュタイン(1150万ドル・約11億8450万円) 1955年、76歳で死去
・10位:ベティ・ペイジ(1100万ドル・約11億3300万円) 2008年、85歳で死去
・11位:デヴィッド・ボウイ(1050万ドル・約10億8150万円) 2016年、69歳で死去
・12位:スティーブ・マックイーン(900万ドル・9億2700万円) 1980年、50歳で死去
・13位:エリザベス・テイラー(800万ドル・約8億2400万円) 2011年、79歳で死去

最終更新:10/13(木) 18:36

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]