ここから本文です

初戦完封負けのソフトバンク先制 今宮が中前打

デイリースポーツ 10/13(木) 18:40配信

 「パCSファイナルS・第2戦、日本ハム-ソフトバンク」(13日、札幌ドーム)

 初戦をCS史上最低の1安打で完封負けしたソフトバンクが今宮健太内野手の適時打で先制した。

 二回、先頭の内川が右前打を放ち、二死後に明石が四球で出塁。ここで8番・今宮が日本ハム先発の増井から中前打を打ち、内川が生還した。ソフトバンクは続く細川の二塁内野安打で1点を追加し、2点のリードを奪った。今宮はCS5打点目とポストシーズンで調子を上げている。

最終更新:10/13(木) 18:48

デイリースポーツ