ここから本文です

中日ドラフト1位は即戦力投手を確認 落合GMスカウト会議出席も無言

東スポWeb 10/13(木) 22:00配信

 中日は13日、ナゴヤ球場に隣接する合宿所「昇竜館」でスカウト会議を行い、落合博満GM(62)が久しぶりに球団行事に参加したが、報道陣のあいさつや問いかけには口を閉ざした。

 会議には森繁和新監督(61)とスカウト陣が出席し、20日のドラフト会議に向けて指名候補約60人の中から、投手を1位指名する方針を確認した。1位候補は創価大・田中正義(4年)、明大・柳裕也(4年)、桜美林大・佐々木千隼(4年)、白鴎大・中塚駿太(4年)、履正社・寺島成輝(3年)、作新学院・今井達也(3年)、広島新庄・堀瑞輝(3年)ら即戦力投手を軸に6~7人に絞った。

 国際渉外担当も兼ねる森監督は「ある程度、上位6~7人や外れ1位は絞れているけど、見ていないのも4~5人はいる。俺はいつも外国人を見てきているけど、いいときだけを見ても仕方がない。悪いときの状態を見てみないと分からない」と、今後ドラフト候補のビデオチェックを行うという。

 また、中田スカウト部長は「今年の投手は高いレベルで、これだと決定づけられないぐらい実力が伯仲している」とうれしい悲鳴を上げた。

最終更新:10/13(木) 22:08

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。