ここから本文です

「文スト」黒の時代一挙上映&青森で太宰コラボ企画、列車・人間失格号も運行

コミックナタリー 10/13(木) 19:45配信

朝霧カフカ・春河35原作によるテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」の上映イベントが、東京・丸の内ピカデリー2にて10月22日に開催されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントでは、テレビアニメ第2期で展開されている太宰治の過去編「黒の時代」を一挙上映。織田作之助役の諏訪部順一、プロデューサーの鈴木麻里(ボンズ)と倉兼千晶(KADOKAWA)が出演するトークショーも行われる。料金は3800円で、チケットは10月15日からWeb販売。残席がある場合のみ、翌日16日から劇場窓口でも取り扱いを開始する。

なお10月17日からは、青森で「文豪ストレイドッグス」とのコラボ企画が開始。等身大スタンディが、12月28日まで各太宰関連施設に設置される。また津軽鉄道ではコラボ列車「人間失格号」が10月22日から30日、11月3日から13日、12月3日から11日の3度に分けて運行。「走れメロス号」のヘッドマークが「人間失格」になるほか、車内装飾を活用した「走るアニメ資料展」、太宰情報をまとめたコラボ中吊り広告の掲示などが実施される。

「黒の時代」一挙上映イベント
日時:2016年10月22日(土)19:30開場、20:00開演
会場:丸の内ピカデリー2
料金:3800円

青森県・太宰関連施設等身大スタンディ設置箇所
太宰治記念館「斜陽館」:太宰治(描き下ろしバージョン)
太宰治疎開の家(旧津島家新座敷):太宰治+織田作之助
かなぎ元気村「かだるべぇ」:谷崎潤一郎
伊藤忠吉記念図書館:坂口安吾
赤い屋根の喫茶店「駅舎」:中原中也
立佞武多の館:江戸川乱歩
コミュニティカフェ でる・そーれ:泉鏡花
太宰の宿・ふかうら文学館:芥川龍之介
龍飛岬観光案内所:ラヴクラフト+ジョン・S
太宰治まなびの家:国木田独歩
津軽鉄道 津軽五所川原駅:フランシス・F
津軽鉄道 金木駅:中島敦
津軽鉄道 津軽中里駅:宮沢賢治

(c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会

最終更新:10/13(木) 19:45

コミックナタリー