ここから本文です

DeNA先発・三嶋、五回途中2失点で降板

デイリースポーツ 10/13(木) 19:50配信

 「セCSファイナルS・第2戦、広島-DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 DeNA先発の三嶋は、五回途中まで投げて3安打2失点で、0-2とリードを許した状況で降板した。

 初回、1死三塁から丸に右前適時打を浴びて先制を許した。三回は四球と犠打、犠飛で、無安打で追加点を奪われた。

 0-2の五回は先頭の石原に死球。そこから犠打、内野ゴロで2死三塁とされると、菊池に四球で一、三塁。ここでラミレス監督が交代を決断。砂田をマウンドに送った。砂田は丸を空振り三振に打ち取って、失点は防いだ。

 三嶋は球団を通じ「緊張することなくマウンドに上がることができました。気負わず、今までやってきたことを出したかったですが、イニングの先頭を出塁させてしまいリズムをつくることできなかったです…。ヒットを許すことは少なかったですがフォアボールやデッドボール、ワイルドピッチなどを多く出してしまったことは悔いが残ります…。ベンチに戻って一生懸命応援します」とコメントした。

 前日、広島・ジョンソンに完封された打線は、この試合も五回まで得点できず、三嶋を援護できなかった。

最終更新:10/13(木) 20:32

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。