ここから本文です

ワタナベジム期待の新人・谷口将隆が世界ランカー撃破

デイリースポーツ 10/13(木) 20:49配信

 「ボクシング・8回戦」(13日、後楽園ホール)

 ワタナベジム期待の新人・谷口将隆(22)がIBF世界ミニマム級13位デクスター・アリメント(20)=フィリピン=を2-1の判定で下し、世界、日本ランキング入りを確実とした。

 ともにサウスポー。大きく左右を振り回しながら突進してくる相手に対し、谷口はディフェンスしながらフックを合わせる。2回には右にスイッチしたアリメントを赤コーナーに詰め、「練習していた」という強烈な左ストレートでダウンを奪った。

 アリメントの左フックをもらう場面もあったが、試合のペースは渡さなかった。「セコンドの指示もよく聞こえていたし、冷静でした」と振り返った。

 4月に大阪でデビューし4勝(4KO)無敗。ここまですべてアウェーで、後楽園ホールは初めてだった。「地元なので調整しやすかったです」と笑った。リングサイドにはアマ時代のライバルで、今はともにジムの合宿所で寝起きする京口紘人がいた。今回もスパーリングで手を合わせ「スパーリングパートナーの方が強かった」と感謝。京口も「先を越された。次はオレの番」と誓った。

 渡辺均会長は、谷口をミニマム級で日本ランキングに申請するという。次戦は12月31日を予定しており、同会長は「いずれタイトルを取らせます」と期待した。

最終更新:10/13(木) 20:56

デイリースポーツ