ここから本文です

USB端子を搭載した2つのアナログターンテーブル、オーディオテクニカから

ITmedia LifeStyle 10/13(木) 23:15配信

 オーディオテクニカは10月13日、2機種のアナログターンテーブルを発表した。ダイレクトドライブ方式を採用した上位モデル「AT-LP5」(実売5万円前後)とスタンダードモデル「AT-PL300USB II」(実売2万円前後)の2機種をラインアップ。発売は11月18日を予定している。

レコード音源をPCで録音するためのUSB端子

 このうち上位機のAT-LP5は、独自デザインのJ字型トーンアームや制振設計を施した5mm厚ラバーマットなどが特徴。専用設計のVM型カートリッジ「AT95EX」およびヘッドシェル「AT-HS10」を搭載している。

 また2機種ともレコード音源をPCで録音するためのUSB端子を装備。付属のPC用ソフト「MusiCut Plus」(ダウンロード提供)を使えば、録音したレコード音源を自動分割し、曲情報も自動的に認識するという。録音データはWMA形式(44.1kHz/16bit)となる。

最終更新:10/14(金) 23:12

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。