ここから本文です

広島・緒方監督、日本S進出王手も「しっかりと戦うだけ」

デイリースポーツ 10/13(木) 21:46配信

 「セCSファイナルS・第2戦、広島3-0DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 広島が2試合連続完封で連勝し、アドバンテージ1勝を含めて3勝として、CSファイナルS突破、日本シリーズ進出に王手をかけた。緒方監督は「またあした、しっかりと戦うだけです」と気を引き締めた。

 初回、田中の二塁打から、丸が2試合連続となる先制打。三回も田中の四球出塁後、菊池の犠打、丸の中犠飛で追加点を奪った。攻撃で同級生トリオの「タナキクマル」が躍動すると、投げても同級生の野村が奮闘。練習試合で首に打球受けた影響を感じさせず、6回3安打無失点の好投を見せた。

 緒方監督は「きょうも投手陣でしょう。祐輔(野村)にしてもリリーフ陣にしても、相手打線をゼロに抑えてくれてね。これ以上ない試合運びだった」と褒めた。七回以降は今村、ジャクソン、中崎と、勝利の方程式で無失点リレー。守護神中崎もシーズンで痛めていた右腰の不安を、全く感じさせない投球だった。

 攻撃では2点リード八回に、田中がダメ押しのソロ本塁打。CS成績は4試合の出場で、7打数6安打1本塁打、2打点。打率・857と驚異の数字を残す。指揮官も「打つ方は1、2、3番。広輔(田中)が昨日から先頭で出塁してくれてね。特に3点目。あれが大きかった。一気に勝ちを引き寄せる攻撃だった」と続けた。

 2007年のCS制度導入後、2試合連続の完封勝利は10年の中日、15年のヤクルトに続いて3球団目。緒方監督が掲げてきた「投手を中心とした守り勝つ野球」を象徴する試合となった。これで日本シリーズ進出に王手をかけたが、緒方監督は「それはね。またあした、しっかりと戦うだけです」とし、早くも次戦に向けて気を引き締めた。

最終更新:10/13(木) 21:51

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。