ここから本文です

メディア芸術祭の受賞作が新潟に、近藤ようこらによるトークイベントも

コミックナタリー 10/13(木) 22:49配信

文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が、10月30日まで新潟市の複数の会場にて開催されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

新潟展のテーマは「記憶と記録のモノ潟り」。15日には「弟の夫」の田亀源五郎によるトークショーとマンガ制作のワークショップ、22日には「はちみつ色のユン」のユングによるトークイベント、29日には「五色の舟」の近藤ようこと文筆家・千野帽子による対談が行われる。参加方法やそのほかの企画についての詳細は、同展の公式サイトにて確認を。

なお23日までは企業ビルなどのショーウィンドウにアート作品を展示する「2016NIIGATAオフィス・アート・ストリート」や、新潟市美術館で「第48回新潟市美術展」も実施されている。さらに29、30日にはマンガ・アニメの祭典「がたふぇすVol.7」が展開され、新潟市の文化芸術イベントを一挙に楽しむことができる。

文化庁メディア芸術祭新潟展「記憶と記録のモノ潟り」
会期:~2016年10月30日(日)
メイン会場:COZMIXビル、旧齋藤家別邸、安吾 風の館、新潟市マンガの家
サテライト会場:フルマチ・アートスタジオ、国際映像メディア専門学校実習棟、NEXT21アトリウム
料金:無料

マンガを描くこと~「弟の夫」を中心に~
日時:2016年10月15日(土)13:00~
会場:新潟市マンガの家
講師:田亀源五郎
定員:30名(当日先着)
料金:無料

ユング監督トーク~ベルギーと韓国の間で~
日時:2016年10月22日(土)13:00~14:40
会場:COZMIXビル
講師:ユング
定員:30名(当日先着)
料金:無料

対談 近藤ようこ×千野帽子「マンガと文学-ふたつの想像力」
日時:2016年10月29日(土)14:00~15:00
会場:安吾 風の館
出演:近藤ようこ、千野帽子
定員:28名(当日先着)
料金:無料

最終更新:10/13(木) 22:49

コミックナタリー