ここから本文です

「009」カラー完全版、作中最長のSF大作「海底ピラミッド編」刊行

コミックナタリー 10/13(木) 23:06配信

石ノ森章太郎「サイボーグ009」の雑誌連載時のページを忠実に再現し、史上初のB5判で刊行する「サイボーグ009 [カラー完全版]」シリーズ。その約2年ぶりの続刊となる「海底ピラミッド編」が12月下旬にリリースされることが決定した。これは3DCGアニメーション「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」が11月25日より上映されることを記念したもの。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これまでに刊行された「地下帝国ヨミ編」「誕生編/暗殺者編」「ベトナム編/ミュートス・サイボーグ編」「サイボーグ戦士編」「天使編」「神々との闘い編」に続く第7弾となる本BOXには、1977年から1979年に月刊マンガ少年(朝日ソノラマ)に連載された「海底ピラミッド編」をメインに収録。この「海底ピラミッド編」は作中最長のエピソードで、当時ブームだったピラミッドなどの神秘的要素を取り入れたSF大作だ。BOXにはそのほか「幻影島編」「サン・ジェルマン伯爵編」を収録し、600ページあまりのうち約130ページでカラーが再現された。

また復刊ドットコムでは「海底ピラミッド編」を購入した人へ、「サイボーグ009」の名シーンを特殊なインクで再現したA4判の複製原画をプレゼントする。特典はなくなり次第終了となるので、希望者は早めに予約しよう。

「サイボーグ009 1977-79 [カラー完全版] 海底ピラミッド編」収録作品
「海底ピラミッド編」(1977-79年)
「幻影島編」(1978年)
「サン・ジェルマン伯爵編」(1979年)

(c)石森プロ

最終更新:10/13(木) 23:06

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]