ここから本文です

ミラ・ジョヴォヴィッチ、11回目の来日決定 『バイオ』最終作プレミアにローラも登場

オリコン 10/13(木) 5:00配信

 女優のミラ・ジョヴォヴィッチが、人気シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)のプロモーションのため来日することが12日、わかった。12月13日、“バイオ生誕の地”である日本で開催されるワールドプレミアに登場する。

【写真】同作で共演するミラ・ジョヴォヴォッチ&ローラ

 日本発の人気ゲームから生まれ、ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(=ゾンビ)化した元凶である宿敵アンブレラ社との戦いを描き、世界中でヒットを記録した同シリーズ。2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールアップし、独自の世界感を築き世界を熱狂の渦に巻き込んできた。

 15年にわたりアリスを演じてきたミラは、過去『バイオハザード』シリーズの日本公開時プロモーション時には5作品全ての作品で来日し、今回で通算11回目。ワールドプレミアには、本作でアリスとともにアンデッドと戦う女戦士コバルト役でハリウッドデビューを飾るローラの登壇も予定されている。

 また、15日からは本作のティザービジュアルを用いたムビチケカード第2弾の発売がスタート。特典には本作を含むシリーズ全作の海外版ポスター(英語ロゴ)を使用したポストカード6枚セットに加え、ワールドプレミア(12月13日実施)への応募券ハガキが付く。

最終更新:10/13(木) 5:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]