ここから本文です

小松菜奈&菅田将暉のラブラブシーン満載 『溺れるナイフ』主題歌MV解禁

オリコン 10/14(金) 5:00配信

 女優の小松菜奈、俳優の菅田将暉がW主演する映画『溺れるナイフ』(11月5日公開)。志磨遼平のソロプロジェクト・ドレスコーズによる主題歌「コミック・ジェネレイション」のミュージックビデオ(MV)が14日、解禁された。映画の映像が使用され、都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松)と地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田)が、出会った瞬間に引かれあう様子など、幸せなシーンを切り取っている。

【動画】『溺れるナイフ』主題歌「コミック・ジェネレイション」MV

 同映画は、ジョージ朝倉氏の人気漫画を新鋭・山戸結希監督が実写化。気高く危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描く。

 主題歌は、志磨が在籍していたバンド・毛皮のマリーズの楽曲を再録したニューバージョン。当初は毛皮のマリーズのバージョンを予定していたが、「昔のぼくはあまりに傲慢で、自分以外の誰のためにも歌ってはいない。今作に寄り添うことができているかはなはだ不安です、と正直に伝え、監督との相談の末にこの度の再演奏・再録音を行いました」と、志磨自らの要望で再録をした。

 解禁されたショートバージョンのMVは、夏芽とコウのラブラブな様子が満載。主題歌を聴いた小松は「『愛も平和も欲しくないよ。だって君にしか興味ないもん!』この歌詞は夏芽とコウの関係にすごくぴったりであの燃え尽きた夏(撮影)を思い出し、いろんな感情が湧いて心にグッときました。映画を観てこの曲を聴いた後も皆さんの心に残る曲と歌詞になると思います」とコメントを寄せた。

 同曲は、映画『GANTZ:O』主題歌の「人間ビデオ」とW主題歌シングルとして12日より発売中。

最終更新:10/14(金) 5:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]