ここから本文です

YOSHIKI、ディラン快挙に感激「全アーティストに新たな扉が開けた」

オリコン 10/14(金) 17:24配信

 ビジュアル系バンド56組が集結、10万人規模の観客を動員する日本最大級のV系音楽フェス『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』(14~16日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホール)が開幕した。発起人のX JAPANリーダー・YOSHIKIが14日、囲み取材に応じ、「伝説に残るコンサートになると思う」と自信をみせた。

【全身ショット】赤ジャケットでXポーズをするYOSHIKI

 YOSHIKIが1986年に自ら設立したインディーズレーベル「エクスタシーレコード」から91年にデビューしたLUNA SEA、94年にデビューしたGLAYら20年以上にわたって親交のあるバンドをはじめ、世界で活躍するV系バンドが3日間で総勢56組が出演。あす15日にはL’Arc~en~Cielのボーカル・HYDEとYOSHIKIがコラボレーションすることも決まっており、「楽しみですね」と笑顔を見せた。

 前日、米シンガー・ソングライターのボブ・ディランがミュージシャンとして初めてノーベル文学賞を受賞したことについて聞かれると「すごいですよね。アーティストがノーベル賞に認められるというのは画期的だと思いましたし、やる気が出てきましたね。そういう賞も視野に入れられるんだと。自分たちの手の届かない、宇宙のような賞の感じがしたんですけど、手が届くんだと。全アーティストに新たな扉が開けたような。ロックとかフォークが世の中に認められた瞬間だったんじゃないかなと思います」と興奮気味に語った。

 1994年に奈良・東大寺で国内外のアーティストが集結したイベントでディランと共演したことを振り返り、「とてもメッセージ性の強い歌詞は彼独特。なかなか今の時代では生まれてこないような詞でもあると思います」とコメント。「ロックとか、ビジュアル系もそうですけど、もともとどこにもジャンルとして認められなくて、自分たちで独自のジャンルを作り上げてしまったんですけど、そういうものが大きくなって、世界的に認められたというのは、僕らに限らず、次の世代にも大きな希望が与えられる出来事だったと思いますね」とディランの快挙を喜んだ。

 同イベントは3日間日替わりで内容を変えて行われ、初日のきょうは「エクスタシーレコード」に所属していたX JAPAN、LUNA SEA、LADIES ROOMらが88年から92年まで定期的に開催し、バンドの枠を超えてセッションしていた伝説のイベント『エクスタシー・サミット』を24年ぶりに復活させる。サプライズの有無を聞かれると「僕らは存在自体がサプライズ。サプライズを考えなくてもサプライズになっちゃう人生なので」とYOSHIKI節で期待をあおった。

最終更新:10/17(月) 14:11

オリコン