ここから本文です

スパガ浅川梨奈が中学男子を魅了、「性春」描く『14の夜』場面写真

CINRA.NET 10/13(木) 10:07配信

映画『14の夜』から場面写真が公開された。

12月24日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される同作は、映画『百円の恋』やドラマ『佐知とマユ』などを手掛けた脚本家・足立紳の映画監督デビュー作。1980年代の田舎町を舞台に、中学生男子たちが性を通じて成長していく様を描く青春映画だ。キャストにはオーディションで主役を射止めた犬飼直紀をはじめ、濱田マリ、門脇麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎らが名を連ねている。主題歌はキュウソネコカミの新曲“わかってんだよ”。

【もっと画像を見る(3枚)】

今回公開されたのは、浅川が演じる暴走族の女・メグミを捉えた場面写真。バイクを乗り回す14歳のメグミは、犬飼らが演じる中学生男子たちの同級生で、彼らを魅了する乳房を持つというキャラクターだ。予告編ではメグミが「やれよ!揉めよ!オラ、来いよ!」と凄む姿も映し出されている。

CINRA.NET

最終更新:10/13(木) 10:07

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]