ここから本文です

英の女性参政権運動描くC・マリガン主演作、『未来を花束にして』予告編

CINRA.NET 10/13(木) 13:07配信

映画『未来を花束にして』の予告編が公開された。

2017年1月27日から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される同作は、イギリスの女性参政権運動にまつわる実話をもとにした作品。女性に投票権や親権が認められていなかった1912年のロンドンを舞台に、洗濯工場で働く平凡な女性・モードが、息子には自分と異なる人生を歩んで欲しいという思いから、女性参政権運動に身を投じるというあらすじだ。階級の垣根を超えて結束し、権利を求めて戦った女性たちの姿が描かれる。

【予告編を見る】

運動に参加して変化していく主人公モード役を演じるのはキャリー・マリガン。実在する女性運動の指導者エメリン・パンクハースト役をメリル・ストリープ、モードの夫役をベン・ウィショー、モードの同志イーディス役をヘレナ・ボナム=カーターが演じる。監督はサラ・ガヴロン、脚本はアビ・モーガンが担当している。

「気分屋で心の平静を欠く女性には政治判断は向かない」というセリフで始まる予告編では、工場で働くモードの姿やエメリンが支持者の前で演説をするシーン、モードが夫と言い争いをする場面などが映し出されている。

CINRA.NET

最終更新:10/13(木) 13:07

CINRA.NET

なぜ今? 首相主導の働き方改革