ここから本文です

「靖国神社」の成り立ちとは? 問題として取り上げられる理由

AbemaTIMES 2016/10/13(木) 15:00配信

(C)AbemaTV

たびたびニュースで取り上げられる靖国神社。
その起源は、明治維新の最中。「戊辰戦争」で近代国家建設の為に命を捧げた人々をたたえる目的で、天皇が明治2年、東京招魂(しょうこん)社(しゃ)として創建(そうけん)。その後、明治12年に「靖国神社」と改められました。

現在、246万6千人余りが祀(まつ)られています。その中には坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作など幕末で国のために活躍した人たちも。
さらに日清戦争・日露戦争などで戦った軍人たちのほか、ひめゆり学徒隊など、身分や職業、男女の区別なく、国に尽くして亡くなった人たちが眠っています。

ニュースで問題として取り上げられるのは、この靖国神社に、太平洋戦争における政治・軍事的指導者の中心となったA級戦犯が含まれているからです。

最終更新:2016/10/13(木) 15:08

AbemaTIMES

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!