ここから本文です

永島勝司 ゴマシオ編集長のつぶやき 三十六言目『藤田和之は師匠・猪木の前でしっかりと引退試合をしてほしい』

バトル・ニュース 10/13(木) 0:29配信 (有料記事)

 25日に行われた「RIZIN」をテレビで観た。無差別級トーナメントの大相撲元大関バルト戦に出場したプロレスラーの藤田和之だが、この試合をもって引退するという。

 藤田は、私がヒクソン・グレーシーを新日本のリングに担ぎ出そうとした時に対戦者として最初に名前をあげた男である。結果はヒクソン側が調査の結果「危ない」と判断して拒否してきた選手。その当時の藤田はまだ若手の時代だったが、ヒクソンはその実力を見抜いていた。そんな男が藤田である。
 試合後、本文:1,190文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:10/13(木) 0:29

バトル・ニュース