ここから本文です

マカオのカジノ売上復調続く見通し=10月対前年5%増の約2746億円…シティ予測

マカオ新聞 10/13(木) 11:15配信

 マカオは世界一のカジノ売上を誇る都市として知られるが、月次カジノ売上は一昨年6月から今年7月まで26ヶ月連続で前年割れとなり、ようやく今年8月にプラスに転じた。その後、9月もプラスを維持しており、復調が続くかどうかに注目が集まっている。

 このほど国際金融大手のシティグループが発表した最新レポートによれば、中国の大型連休(国慶節)期間を含む10月1日から10日までのマカオのカジノ売上は前年の同じ時期からおよそ2割増となる101億パタカ(日本円換算:約1320億円)、1日平均で10.08億パタカ(約132億円)に達したとのこと。単日の売上が10億パタカの大台を突破したのは2014年10月以来となる。

 好調の要因として、国慶節連休期間中の中国本土からの訪マカオ旅客数が前年の同じ時期から7%増だったことを挙げた。ホテル客室稼働率、ホテル客室単価も上昇したという。

 なお、10月2週目には中国の李克強首相のマカオ訪問予定が入っている。中国中央政府の要人訪問期間中、中国本土のハイローラーと呼ばれる大口ギャンブラーがマカオ渡航を控える動きもあることから、カジノ売上は2週目以降に月初の勢いを失うものとみられる。

 こういった要素も踏まえ、シティは10月の月次売上予測については前年同月比5%増の210億パタカ(約2746億円)とした。

 今年8月以降にマカオのカジノ売上が復調した理由として、8月22日にウィンパレス、9月13日にパリジャンマカオの大型カジノIR(統合型リゾート)が相次ぎ開業したことで、一定の底上げ効果があったことも挙げられる。

最終更新:10/13(木) 11:15

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。