ここから本文です

ジェイミーの良き理解者がまたひとり、日本代表とサンウルブズのコーチ就任へ

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 10/13(木) 14:03配信

 ジェイミー・ジョセフの良き理解者がまたひとり、日本にやってきそうだ。
 ニュージーランドの地方紙『オタゴ・デイリータイムズ』(電子版)は13日、昨年ハイランダーズにリソースコーチとして加わりオタゴ地方代表のアシスタントコーチも務めているベン・ヘアリング氏(36歳)が、3年契約でサンウルブズと日本代表のコーチングスタッフになるだろうと報じた。

時間がなくても「ポジティブに」。日本代表ジョセフHC、本格始動で熱血指導

 ハイランダーズの指揮官だったジェイミー・ジョセフ現日本代表ヘッドコーチのラグビーをよく理解しており、2019年ワールドカップへ向けて強化をサポートしていく。日本代表のアタックコーチに就任したトニー・ブラウン氏と新ストレングス&コンディショニングコーチのサイモン・ジョーンズ氏も2015年にハイランダーズをスーパーラグビー初優勝に導いたコーチたちであり、ジョセフ ヘッドコーチが信頼するスタッフでジャパンの新体制は整ってきた。

 ヘアリング氏は、選手時代はオープンサイドフランカーとしてプレーし、ハイランダーズとハリケーンズでスーパーラグビー出場経験がある。イングランドのレスター・タイガースでも活躍し、29歳だった2009年に脳しんとうが原因で引退後、指導者の道に進んだ。
 レスターでスキルコーチを務めてプレミアシップ優勝に貢献し、2011年から2シーズン、日本のNECグリーンロケッツでFWコーチとディフェンスコーチを務めたこともある。2013年から約2年間はカナダ代表(7人制・15人制)で指導していた。

 日本代表ではディフェンスコーチを任されることになりそうだ。

最終更新:10/13(木) 14:03

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

なぜ今? 首相主導の働き方改革