ここから本文です

迷走するイギリス政治

選挙ドットコム 10/13(木) 18:16配信

迷走するイギリス政治

日本では年明けに衆議院が解散される噂が飛び交い、海外を見るとアメリカ大統領選挙が話題になっていたり、と忘れがちですが、今年最大の出来事の1つは、6月23日にイギリスで行われたEU離脱に関する国民投票でした。

そんなイギリスですが、国民投票でEU離脱を決定した後の政治が迷走が止まりません。6年間首相を務めた保守党デイヴィッド・キャメロン氏が首相を辞任し、同じく保守党テリーザ・メイが首相に就任しました。
しかし、EU離脱を決定したものの、メイ政権はEU離脱に踏み切る訳ではなく、EUと交渉を続けています。EU離脱、あるいはEU離脱後の経済について不透明な部分が多く、イギリスに拠点を設ける外国企業が撤退する見込みが一部で伝えられています。

このような混乱の元では、保守党政権への不信感が増しそうですが、現時点ではメイ政権は広く国民から支持されています。最近の調査では、「次回の総選挙ではメイ保守党が勝つだろう」と65%もの人々が考えているとの結果が出ています。とりわけ、労働者層を意識した庶民的な政策とEU離脱の交渉に代表される危機管理能力が広く支持される要因であると伝えられています。

一方で、最大野党労働党は全く振るいません。上述の調査では、16%の人々しか労働党が選挙で勝つとは考えていません。EU離脱決定というイギリス史上最大の危機と言ってもいいタイミングで、政権交代に向けたアピールに失敗していると言って良いでしょう。
そんな振るわない労働党の党首がジェレミー・コービン氏です。政権交代の目処が立たない中、コービン氏の党運営に批判の声が出てもいいものですが、9月24日に行われた党首選では、再びコービン氏が圧勝して再選を決めました。

どうして、コービン氏が再選したのでしょうか。また労働党とイギリスは今後どうなるのでしょうか。今回の記事では、この点について考えたいと思います。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 18:16

選挙ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。