ここから本文です

売り切れ必至? Astell&KernのAK70に日本限定1000台の新色登場。本日予約開始

Stereo Sound ONLINE 10/13(木) 11:27配信

限定色の「TrueBlue」は鮮やかな青色ボディ

 韓アイリバー(IREVER)社のアステル&ケルン(Astell&Kern)は、ハイレゾ対応のデジタルオーディオプレーヤーとして、もっとも人気が高いブランドのひとつとして知られている。

 そのエントリーモデルとして今夏デビューしたAK70に、プレミアムカラーで身をまとった「TrueBlue」モデルが10月21日に発売される。日本国内限定で、しかも生産台数が1000台となる貴重な製品のデビューだ。

 既存モデルであるAK70のオリジナルモデルが「ミスティミント」という薄めのグリーン系カラーで身をまとっていたが、今回の「TrueBlue」は写真の通り、かなり大胆なブルーの色合いとなる。製品内容はAK70と同じとされ、いわゆる限定カラーバリエーションモデルとしてのリリースである。

 AK70は、寸法が幅60.3×高さ96.3×奥行き13mm、質量が約132gという、手のひらにすっぽりと収まるような、ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤーとしてはコンパクトな筐体に、シーラス・ロジック製のDAC素子、CS4398を1基搭載した製品。

 PCMは最大384kHz/32bit、DSDは5.6MHzの再生に対応している(ネイティブ再生は192kHz/24bitまで。352.8kHzは176.4kHz、384kHzは192kHz、32bitは24bitにダウンコンバート、DSDはPCM176.4kHz/24bitに変換して再生)。USB端子からのデジタル出力も可能で、DSD形式のデジタルファイルではDoP(DSD over PCM)での伝送もサポートしている。

 また、96kHz/24bit対応の単体USB DACとしても使用可能で、PCからのデジタル信号の入力をアナログ変換して再生できる。

 ヘッドホン端子は、φ3.5mmのアンバランス出力のほか、φ2.5mmのバランス出力を装備、apt-x対応のBluetooth 4.0にも対応など、音質面での手抜かりはない。

 搭載メモリーは64GBで最大128GB までに対応したmicroSDカードスロットを1基備える。

 前述の通り本機の発売は今月21日からだが、先行予約の開始は本日からとなる。人気モデルの限定カラーヴァージョンとなるAK70 TrueBlueにファンは注目されたい。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:10/13(木) 11:27

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。