ここから本文です

楽天Vキリオス 世界110位に敗れ、まさかのストレート負け<男子テニス>

tennis365.net 10/13(木) 12:06配信

上海マスターズ

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は12日、シングルス2回戦が行われ、第12シードのN・キリオス(オーストラリア)は予選勝者で世界ランク110位のM・ズベレフ(ドイツ)に3-6, 1-6のストレートで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

【上海マスターズ対戦表】

今大会の上位8シードは1回戦免除のため、キリオスは2回戦からの登場。

この試合、ズベレフに3度のブレークを許して第1セットを落としたキリオスは、続く第2セットでもペースを掴めず、1度もブレークチャンスを掴めずにわずか48分で敗れた。

世界ランク14位のキリオスは、今年2月のオープン13(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)でツアー初優勝を飾り、8月のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)で2勝目をあげた。

前週の楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)では、決勝でD・ゴファン(ベルギー)を逆転で下し、ATP500大会初のタイトルを獲得していた。

一方、世界ランク21位で19歳のA・ズベレフ(ドイツ)の兄であるミーシャ・ズベレフは、3回戦でM・グラノジェルス(スペイン)と対戦する。グラノジェルスは同日の2回戦で第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)をストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:10/13(木) 14:23

tennis365.net