ここから本文です

紅葉前線に影響?全国的に高温 気象庁1か月予報

ウェザーマップ 10/13(木) 14:43配信

 気象庁は13日、向こう1か月間の天候の予想を発表した。
 10月15日から11月14日までの平均気温は北海道で平年並みとなるほかは、全国的に平年より高くなる可能性が高い。また、気象庁は同日、高温に関する異常天候早期警戒情報を発表し、18日頃からの約1週間、気温が平年よりかなり高くなるとして、注意を呼びかけた。

 13日朝は全国の290か所で今季一番の冷え込みを記録し、全国的な冷え込みは5日連続となった。今後も、北海道は寒気の影響を受けて気温の低い日が多く、寒暖の差が大きくなるため注意が必要だ。
 一方、東北・東日本・西日本・沖縄・奄美では来月中旬にかけて、気温の高い日が多くなるとの見通しで、今年の紅葉前線の南下は例年よりも遅くなりそうだ。

 降水量は湿った空気の影響を受けやすい四国や九州南部を中心に、平年よりも多くなる可能性がある。

最終更新:10/13(木) 14:43

ウェザーマップ

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。