ここから本文です

弓道協会が60周年 20代~80代の61人で研鑽

両丹日日新聞 10/13(木) 14:50配信

 今年創立60周年を迎えた福知山市弓道協会(岩城美文会長)の記念大会が9日、和久市町の市弓道場で開かれた。京都府、兵庫県、福井県の弓士120人が集まり、節目を祝い矢を放った。両丹日日新聞社など後援。

 創立当時は会員が10人ほどだったが、現在は20代から80代までの61人が所属し研鑽(けんさん)を積む。年齢にかかわらず取り組める魅力を広げるとともに、全国大会出場選手を輩出するなど競技力向上に努めてきた。

 試合は的中率を競い、一人8射の個人戦と3人1組40チーム24射の団体戦をした。記念大会ということで、称号者を中心にはかま姿の人もいた。

 岩城会長は「弓はとっつきにくいイメージがありますが、やってみると奥深さが楽しくなります。創立当初のことを知る会員はいませんが、魅力をさらに広めて頑張っていきたい」と話していた。

両丹日日新聞社

最終更新:10/13(木) 14:50

両丹日日新聞