ここから本文です

レコードのデジタルファイル化を手軽に。オーディオテクニカからプレーヤー2機種発売

Stereo Sound ONLINE 10/13(木) 19:13配信

ダイレクトドライブとベルトドライブの2グレードを発売

 オーディオテクニカは11月18日にアナログターンテーブル「AT-LP5」と「AT-PL300USB II」を発売する。いずれも価格はオープンで、想定市場価格はAT-LP5が¥50,000前後、AT-PL300USB IIが¥20,000前後となる見込みだ。

 上級機となるAT-LP5は、ダイレクトドライブ方式のターンテーブルで、アルミダイキャスト製プラッターを搭載する。ライン出力が可能なフォノイコライザーも内蔵している。トーンアームは同社独自開発のJ字型トーンアームとし、専用設計のVM型AT95EXがアルミニウム製ヘッドシェルAT-HS10を介して装着される。プラッターには5mm厚の制振設計ラバーマットが採用されるほか、不要振動を抑制しながら水平調節も可能な大型インシュレーターを備えている。

 また、Windows PCが接続できるUSB端子を装備しており、WMA方式のデジタルファイル(44.1kHz/16bit)を出力することができる。くわえて、録音したレコード音源を自動分割し、曲情報を自動認識するソフトウェア「MusiCut Plus」のダウンロード版を提供している。これにより、リッピングしたデータ編集をシンプルにおこなうことが可能となり、従来にも増してデジタルオーディオプレーヤーなどで音源を持ち出して楽しむことができるようになった。

 いっぽうのAT-PL300USB IIは、ベルトドライブ方式のターンテーブルを採用したフルオート動作のモデル。レコードをセットしたらボタン操作ひとつで再生できる手軽さが特長だ。プラッターはアルミダイキャスト製で、トーンアームにはストレートタイプが採用されている。標準装備されるカートリッジは、同ブランドが得意とするVM型だ。出力端子はPhono/LINEとUSBが装備され、フォノイコライザーを内蔵するので、アクティブスピーカーへダイレクトに接続することも可能だ。

 USB端子はAT-LP5と同じ仕様で、Windows PCにつないでアナログレコードをリッピングすることが可能だ。楽曲の自動認識をおこなう「MusiCut Plus」のダウンロード版提供も同じく対応している。

 外形寸法はAT-LP5がH157×W450×D352mm、AT-PL300USB IIがH97×W360×D357mmとLPレコードのジャケットを一回り大きくした程度のコンパクトサイズだ。

 AT-LP5は本格的なアナログオーディオ再生を、AT-PL300USB IIではアナログレコードを手軽に楽しむ体験をもたらしてくれそうだ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:10/13(木) 19:13

Stereo Sound ONLINE