ここから本文です

ヒャダイン「ライブで高橋みなみに、罵詈雑言をぶつけて欲しい(笑)」

TOKYO FM+ 10/13(木) 12:34配信

10月12日(水)は、高橋みなみのファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』の発売日ということで、リリースを記念し、たかみながTOKYO FMのワイド番組「Blue Ocean」、「ディア・フレンズ」、「SCHOOL OF LOCK!」に出演、TOKYO FMをワンデージャック! 自身がパーソナリティをつとめる「高橋みなみの『これから、何する?』の生放送では、アルバム収録曲の「カツ丼 in da house」を楽曲提供した“ヒャダイン”こと前山田健一さんをゲストに迎え、楽曲にまつわる話をたっぷりと伺いました。

ノースリーブス時代、ヒャダインさんに楽曲提供していただいた「君しか」、「ジェシカはドアをノックしない」の2曲がお気に入りというたかみなは、今回のソロアルバムでも「ぜひ、ヒャダインさんにお願いしたい」と、自ら楽曲提供を熱烈オファーしたとのこと。

ヒャダインさんは、「オファーをいただいて、自分が高橋みなみにできることって何だろうって考えたとき、AKB48時代から実はきっちりしている風に見えて、だらしない一面もあるのがみなみちゃんの魅力のひとつだと思っていて……、みなみちゃんのWikipediaにカツ丼好きと書いてあって『これだー!』と閃いた」と楽曲が降りてきた瞬間について話しつつ「以前、僕のラジオ番組に出てもらったときに、マンガが好きで基本家に居るのが好きって聞いていたので、“きっとおウチでは、クシャクシャのパジャマを着て寝転がってマンガ読んで、出前でカツ丼頼んでるんだろうな”って、家での高橋みなみを勝手に妄想した“たかみな妄想劇場”のような曲になりました」と解説してくれました。

そんないきさつを聞いた、たかみなは「100%当たっていて、ものすごくびっくりしたんですけど、そういうことだったんですね。ヒャダインさんの頭の中ってアイデアがいっぱいですごいことになってますよね~!」と感心しきりでした。

2人で「カツ丼 in da house」を聴いたあと、ヒャダインさんは「“1000kcalの小悪魔”という歌詞のところで、声の表情がコロコロ変わるところは可愛いくて(たかみなを)推せる!って思った(笑)」とユーモアたっぷりに褒めつつ、「僕の曲って結構トリッキーな部分もあって歌い手がアクトレスにならないといけないんだけど、そこがきっちりストーリーテラーとして成立していて、みなみちゃんはしっかり演じてくれたなと思った」とたかみなを大絶賛していました。

たかみなは、「この曲を早くライブで皆さんに披露したい!」と意気込むと、「ライブでファンの皆さんにやって欲しいことがひとつだけあります! 曲中の“Say!家!(家!)”のコール&レスポンスのあとに、インターホンが鳴って隣の人が苦情にくるところがあるので、そこで罵詈雑言をみなみちゃんにぶつけて欲しい(笑)」と、ヒャダインさんから提案が。これには「(罵詈雑言に)心折れそう……」と不安な表情を浮かべるたかみなでしたが、ヒャダインさんの「みなみちゃんの“すいません……”の歌詞の流れで2番にいくとすごくいい!」という説明を受けて、「それすごくいいですね! ライブでやったら面白そう! この曲でファンの皆さんに日頃の鬱憤を晴らしてもらえたら嬉しい」と、ライブでの楽曲披露に目を輝かせていました。

そんな和やかなムードで番組が進む中、たかみなはサプライズマンデーのパーソナリティをヒャダインさんに依頼。すると「出ましょう! やりましょう! 僕は断らない系男子ですから(笑)」と、二つ返事で受諾してくれました。

また、この日の放送では、たかみなへのサプライズとして、アルバム『愛してもいいですか?』で楽曲提供したOKAMOTO'S(「夢売る少女じゃいられない」)、HYの名嘉俊さん(「いつか」※楽曲クレジットはShun Naka)、榊いずみさん(「わたしの証明」)といった超豪華アーティストたちによるコメントや生電話もあり、お祝いの言葉を投げかけられたたかみなは喜びいっぱいの表情を浮かべていました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』2016年10月12日放送より)

最終更新:10/13(木) 12:34

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]