ここから本文です

ナゼ!?ガソリンモデルよりも安い!BMW 7シリーズPHVが登場!

オートックワン 10/13(木) 20:30配信

遂にBMWのフラッグシップモデル、7シリーズにもPHVが登場

1977年に初代モデルが登場して以来約40年間、モデルチェンジ毎に革新的技術を数多く取り入れ、ラグジュアリーセダンの分野において確固たる地位を築いてきたBMWのフラッグシップモデル、7シリーズ。

BMW 740e iPerformance/M760Li xDrive(画像68枚)

10月13日(木)、そんな7シリーズに“iPerformance”の名が冠されたモデルBMW 740e iPerformanceが登場した。

iPerformanceとは、BMWのサブブランドであるBMW iブランドの技術を採用したプラグインハイブリッド(PHV)に用いられる名称で、これまでX5 xDrive40e iPerfomance、330e iPerformance、225xeアクティブツアラーiPerformanceの4モデルが展開さており、今回の5モデル目において7シリーズにもPHVが追加された。

EV走行は最長42km

搭載するパワーユニットは、最高出力258ps/5000rpm、最大トルク40.8kgm/1550-4400rpmを発生する2.0リッター直列4気筒BMWツインパワーターボエンジンと、113ps、25.5kgmを発揮するモーターを組み合わせる。モーターは8段ATの中に組み込まれており、システム合計では258ps、51.0kgmを発生。 0-100km/h加速は5.4秒(ヨーロッパ仕様)。EV走行は最長42kmまで可能。満充電にかかる時間は約4時間で、公共充電サービス「ChargeNow」も付帯する。

走行モードは、モーターとガソリンが最適なバランスで効率的に連動し、80km/hまではモーター走行が可能な「AUTO eDrive」、140km/hまでのモーター走行に対応する「MAX eDrive」、バッテリーを減らさないよう効率的に走行し、エンジンを回すことで100%まで充電できる「Battery Control」を設定。

価格(消費税込み)は、電動化技術の普及を図るべく、7シリーズのエントリーモデルを担う価格設定が行われており、ガソリンモデルの740i(1225万円)、740i M Sport(1296万円)より安い、BMW 740e iPerformanceが1169万円、BMW 740e iPerformance M Sportが1240万円。

13日(木)より注文受付を開始し、10月下旬にデリバリーを予定している。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 20:30

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革